不動産売却

家が売れない…売れない家の特徴とは?不動産会社が嫌がる物件はこれ!

投稿日:

家を売ろうとしたら、売れなかった…。なんて経験のある人はいませんか?
他にも、不動産会社に売却の相談をしたら、売却できそうにないからと断られた…なんてこともあるかもしれません。

不動産を売却するということは、高く売りたいという以前に、売れない可能性もあるということを覚えておきましょう。

達人
今回は、不動産会社が嫌がる売れない不動産の特徴について紹介するよ。
自宅や所有している不動産が当てはまっていないか確認しよう。

不動産会社が売れないと判断する不動産の特徴とは?

不動産会社は、不動産の仲介手数料で成り立っています。
不動産の仲介手数料は法律で上限が決まっているため、売却する不動産価格が高くないと売上になりません

達人
だから、不動産会社では高く売れなそうな家(誰も欲しがらない家)は売却依頼を断ってしまうんだ。

売れない不動産の特徴① 道路に接していない土地

道路に接していない土地は、建物が建てられないため需要がありません
建物が建っていればまだ家として活用することができるので、売却を手伝ってくれるかもしれませんが、道路に接していない更地は活用方法がないので不動産会社は取り扱ってくれないのです。

売れない不動産の特徴② 送電線の真下にある家

送電線の真下は電磁波が強くて白血病の原因になると言われていたことがありました。
因果関係はあいまいですが、このような噂を知っている人は送電線の真下には住まないと思います。
現在でも、送電線の真下にある家は人気がないため、不動産会社も取り扱いにくくなります。

売れない不動産の特徴③ 違法状態にある家

違法状態にあるというのは、

  • 市街化調整区域の土地に建ててある家
  • 役所の許可なく増築して建ぺい率や容積率が超過している家

などの物件のことです。
違法状態にある家の場合、銀行の住宅ローンが借りられないなどの弊害があり、買い手を探すのが難しくなります。

達人
買い手を見つけにくい物件も、不動産会社は取り扱ってくれないということだね。

売れない不動産の特徴④ 人が亡くなった事故物件

最近では、自然死の場合でも家で亡くなることが少なく病院で亡くなるケースが多いため、自殺や殺人事件でなくても人が亡くなっているというだけで買い手を見つけるのは難しくなります。
不動産会社は人が亡くなっている物件を紹介する場合、自然死であったとしても買い手に告知する必要があるため、取り扱いたくない物件と言えます。

売れない不動産の特徴⑤ 買い手から人気が少ない家

買い手を見つけなければ不動産会社は売上にならないため、買い手から人気が少ないと思われる家は取り扱いたくないです。

  • 立地:崖地、狭小地、形の悪い土地
  • 築年数:古い家
  • 利便性:エレベーターの設置されていないマンションの高層階物件

このような家の場合は、買い手を見つけにくいと想定されます。

達人
自分が住みたくないと思うような不動産は、売りにくいと判断されるということだね。
でも、他にも不動産会社が取り扱ってくれにくい不動産があるんだ。

不動産会社が取り扱ってくれにくい不動産とは?

不動産会社が取り扱ってくれない不動産の中には「売れなさそう」だけでなく「手間がかかりそう」という理由もあります。

達人
不動産会社に手間がかかりそうだと思われがちな不動産は・・・

権利関係が複雑な不動産

  • 借地権付建物・・・地主の許可がなければ建物を売却することはできない
  • 家の目の前の道路が私道・・・私道の所有者の許可がないと売りにくい物件だとやっかい
  • 建物と土地を複数人で共有所有・・・所有している全員の同意がないと売却できない
  • 隣家との境界線があいまい・・・境界でもめているままでは売却できない

このように権利関係が複雑の場合、依頼主がどれだけ不動産を売りたくてもそのままの状態では売却することができません。
すぐに売却できる状態の物件でなければ、不動産会社は手間がかかって取り扱いたくないと判断するのです。

市街地化区域外の農地

市街地化区域外の農地の場合、販売をするために農業委員会の許可が必要になります。
農業委員会に販売の許可をとるための書類作成が面倒なので、不動産会社から嫌厭されます。

また、販売許可だけでなく売主買主ともに農業委員会の審査が必要となり、審査に通らなければ売却も購入もできないということになります。

達人
市街地化区域外の農地の売却は、とっても手間がかかるということがわかるよね。

再建築不可の物件

再建築不可物件というのは、建て替えができない家ということです。
この再建築不可物件を建て替えができるようにするには、役所と交渉しなければなりません

地方にある不動産

不動産の所有者が都心に住んでいて、不動産自体が地方にある場合、都心の不動産に売却依頼をしても取り扱ってくれる可能性は低くなります。

それは、都心の不動産が地方独自の制限を知らないという理由があります。
地方の土地の場合、木を切ってはいけない、崖地では特定の対策をしなければいけないというような独自の制限があることがありますが、都心にある不動産会社はそれを知りません。

また、地方にある不動産の売却価格が安いケースが多いため、地方までの交通費を支払いたくないという理由もあります。

達人
地方にある不動産の場合は、所有している不動産がある周辺の不動産会社に売却依頼をした方が良いよ。

不動産会社が売りにくい・手間がかかると判断する不動産は取り扱ってくれません。
所有している不動産が当てはまっていないかチェックしておきましょう。

空いている土地を有効活用したいけど、何から始めて良いのか分からない方へ

、自分の土地は一体どういった土地活用が向いているんだろう?

そんな方は、まずは、どんな土地活用が出来るか確認出来るサイトの利用をオススメします。

無料サービスが嬉しい、タウンライフ土地活用のご紹介。

タウンライフ土地活用のメリット!

  • 無料で利用可能。
  • 土地活用の方法が全くわからない初心者の方ももちろんOK。
  • 土地活用プランがもらえる
  • 建築費などの見積書と収支計画書がもらえる
  • 市場調査資料がもらえる
  • 土地活用の方法多彩。(アパマン経営から、駐車場経営・トランクルーム等)

↓まずは、とりあえず提案書をもらって、自分の土地はどんな有効活用が出来るのか確認しても良いかもしれません。↓

「土地活用」を検討されているなら、利用しても良いかもしれませんよ!

不動産(戸建て・マンション・土地等)の価格を60秒で知る方法。しかも簡単・無料なので気軽に使えます。

その不動産、「今!」が最も高く売れる時期なのを知っていましたか?

2020年のオリンピック後は、不動産価格の下落が起こることが予想されています。

実際に、売るのはともかくとして、どれくらいで売れるかをまずは確認したくありませんか?

めちゃくちゃ簡単な無料入力で、最先端AIが、不動産売却価格をしっかり査定してくれます!

そんなサービスがあります。無料不動産一括査定サービス「イエウール」です。

「イエウール」の凄いところは、【提携不動産会社が、なんと1700社で業界No.1】

これまでの利用者実績に基づいた過去のビッグデータから、あなたの不動産価格も簡単算出可能なわけです。

↓こんな感じで、おおよその入力で良いので、1分もあれば終わります。(早・・・。)↓

一括査定サイトで、提携不動産会社が少ないと何が問題なの?

町の不動産会社1社に、売却査定をすることは危険です。
必ず複数社に査定依頼をしないと、本当の相場は分かりません。

イエウールは、いわゆるその複数社への査定依頼を、一括で行える、一括査定サイトです。

つまり、一括査定サイトの提携不動産会社が少なければ、査定依頼する不動産会社が少なくなってしまうということです。
しかし、多ければ、多くの不動産会社からより高く売ってくれる不動産会社を選ぶことができるということになります。

さらに、提携不動産会社が多いから、大手不動産会社だけでなく、地元密着の不動産会社にも査定依頼をすることができます。
不動産会社は、大手だからといって不動産査定金額が高くなるということではありません。
地元密着に不動産会社だからこそ地域の不動産価格を熟知しています。
だからこそ、幅広く査定依頼ができる「イエウール」がオススメな理由です。

そんな「イエウール」ですが、ココもおすすめポイントです。

  • 不動産会社の担当者を厳しく審査!
    「イエウール」は、不動産会社の担当者1人1人を厳しく審査しているので、交渉力のある担当者に査定を依頼することができます。
    【審査項目】
    ・業界経験年数5年以上
    ・宅建士の資格保持
    ・レビューをもとにイエウール独自のロジックで「交渉力」を評価
  • 不動産査定依頼数も業界No.1
    不動産査定数依頼が業界No.1(2018年7月時点)で、多くの方に利用されているサービスということになります。
  • チャット風の査定依頼でとっても簡単!

最初に、売却したい物件種別を選んで、、、

あとは、所在地などの入力でナビゲートに従うだけ!

不動産一括査定サービスで、不動産会社の担当者まで審査をしているのは「イエウール」だけでした。

「不動産を高く売りたい」なら、利用しても良いかもしれませんよ!

  • この記事を書いた人
アバター

Shota Kuwahara

某ハウスメーカーにて、一般家庭を対象とした注文住宅の提案・販売を行う。エリアマネージャーとして、約30人程度の営業マンをマネジメント。 【営業スタイル】 展示場来場者への接客活動を中心とした反響営業 ●業務担当年数 5年5カ月(1995年4月 〜 2000年8月) ●業務内容 新規顧客開拓 顧客訪問 既存顧客フォロー 企画提案、プレゼンテーション 集客業務 アフターフォロー ●業務で心掛けてきたこと 定期的なお客さま訪問やちょっとした会話で得られた情報を元に、その時のお客さまのニーズに沿った提案をしてきました。 ●取引顧客 メインは23区内・神奈川の富裕層。 ●【接客平均】 平均して月3組(常時5~7組のお客様を管理)

-不動産売却

Copyright© 達人と学ぶ。土地の活用・家の売却 , 2019 All Rights Reserved.