土地活用の基本 太陽光発電

太陽光発電で重視してほしいポイント!地域別に紹介♪【北海道・東北編】

投稿日:

達人
今回は地域別に太陽光発電をみていこう。
地域ごとに選ぶ太陽光発電は違うの?
バチェル
達人
太陽光発電を導入する時に大切な、日照量、屋根の形、重視すべき点などを地域別に細かく紹介していくよ。

北海道での太陽光発電!

達人
まずは北の大地、北海道から紹介していこう。

土地が非常に広大ですが、「この地方」という限定的な書き方はせず、あくまで「北海道全般」に対しての記事となっています。

日照量が意外に少なくない

北海道=雪、雪=北海道。
そんな感覚を持っている人も多いでしょう。

そのため、ついつい「太陽光発電は不向きなんじゃない?」と考えがちです。

ですが北海道の日照量は、実はそんなに悪くはありません。
日本全国を10個にわけたときは、下から3位になってしまいますが、九州全域と変わらない日照量があるのです。

実用化が難しい理由

しかし、やはり太陽光発電はなかなか普及しません。
これは雪害の影響が大きく、積もった雪がなかなか溶けないからです。

屋根の形もシビアに考えねばならず、知識も必要です。
そのため、新築の家ならばともかく、後付けには不向きです。

よく「他の地域と変わらない発電が可能」と謳うメーカーを目にしますが、やはり厳しいのが現状です。

北海道での太陽光発電の評価

  • 採算性・・・E
  • 日照量・・・D
  • 総合評価・・・D

※S~Eの6段階評価

北海道で太陽光発電をするなら・・・

  • 選ぶべき屋根:広い土地があるなら急勾配の屋根。
    そうでなければ、特別な処理をした陸屋根が望ましい。
  • 重視すべき点、選ぶべきメーカー:頑丈なもの。
    可能ならスノードロップ式

宮城県(東北)での太陽光発電!

達人
東北地方の太陽光事情を見ていこう。
焦点を当てるのは宮城県だよ。

屋根の形と日照量

特別処理された陸屋根なら別ですが、基本的には傾斜屋根が選ばれることの多い宮城県

これは、陸屋根だと雪が落ちづらく溶けにくいからです。

そのため、屋根の形はほとんど選ぶことができません。
場合によっては雪止めの処理などをする必要があり、選択の幅はかなり狭まります。

日照量も全国の地域でみると、北陸についで低く、効率のよい発電は望めません

導入するなら、頑丈さ重視で!

それでもどうしても太陽光発電をいれたい、と思うなら、頑丈さを重視したメーカーを選びましょう

突風などに対処するためというよりも、耐雪重量にすぐれ、圧力に強いメーカーが最適です。
宮城県には東日本大震災の爪あとが残っていることもあり、地震などの対策も必須です。

選ぶべきメーカーの基準には、頑丈さに加え、信頼度もいれましょう。
外国産は不向きです。

多少割高でも、日本製のものを選択しなければなりません。
太陽光にはあまり向かないので、光熱費を安くあげたければ、他の手段を考えた方が建設的と言えるかも知れません。

宮城県での太陽光発電の評価

  • 採算性・・・E
  • 日照量・・・E
  • 総合評価・・・D

※S~Eの6段階評価

宮城県で太陽光発電をするなら・・・

  • 選ぶべき屋根:勾配のある屋根。勾配の角度、隣家との距離によっては雪止め対策を。
    太陽光よりも、冬場の雪対策を重視して。
  • 重視すべき点、選ぶべきメーカー:耐雪重量に優れ、頑丈なもの。
    圧力に強く、地震にも強いものを。
    絶対日本製で、信頼度の高いものを。

不動産(戸建て・マンション・土地等)の価格を60秒で知る方法。しかも簡単・無料なので気軽に使えます。

その不動産、「今!」が最も高く売れる時期なのを知っていましたか?

2020年のオリンピック後は、不動産価格の下落が起こることが予想されています。

実際に、売るのはともかくとして、どれくらいで売れるかをまずは確認したくありませんか?

めちゃくちゃ簡単な無料入力で、最先端AIが、不動産売却価格をしっかり査定してくれます!

そんなサービスがあります。無料不動産一括査定サービス「イエウール」です。

「イエウール」の凄いところは、【提携不動産会社が、なんと1700社で業界No.1】

これまでの利用者実績に基づいた過去のビッグデータから、あなたの不動産価格も簡単算出可能なわけです。

↓こんな感じで、おおよその入力で良いので、1分もあれば終わります。(早・・・。)↓

一括査定サイトで、提携不動産会社が少ないと何が問題なの?

町の不動産会社1社に、売却査定をすることは危険です。
必ず複数社に査定依頼をしないと、本当の相場は分かりません。

イエウールは、いわゆるその複数社への査定依頼を、一括で行える、一括査定サイトです。

つまり、一括査定サイトの提携不動産会社が少なければ、査定依頼する不動産会社が少なくなってしまうということです。
しかし、多ければ、多くの不動産会社からより高く売ってくれる不動産会社を選ぶことができるということになります。

さらに、提携不動産会社が多いから、大手不動産会社だけでなく、地元密着の不動産会社にも査定依頼をすることができます。
不動産会社は、大手だからといって不動産査定金額が高くなるということではありません。
地元密着に不動産会社だからこそ地域の不動産価格を熟知しています。
だからこそ、幅広く査定依頼ができる「イエウール」がオススメな理由です。

そんな「イエウール」ですが、ココもおすすめポイントです。

  • 不動産会社の担当者を厳しく審査!
    「イエウール」は、不動産会社の担当者1人1人を厳しく審査しているので、交渉力のある担当者に査定を依頼することができます。
    【審査項目】
    ・業界経験年数5年以上
    ・宅建士の資格保持
    ・レビューをもとにイエウール独自のロジックで「交渉力」を評価
  • 不動産査定依頼数も業界No.1
    不動産査定数依頼が業界No.1(2018年7月時点)で、多くの方に利用されているサービスということになります。
  • チャット風の査定依頼でとっても簡単!

最初に、売却したい物件種別を選んで、、、

あとは、所在地などの入力でナビゲートに従うだけ!

不動産一括査定サービスで、不動産会社の担当者まで審査をしているのは「イエウール」だけでした。

「不動産を高く売りたい」なら、利用しても良いかもしれませんよ!

-土地活用の基本, 太陽光発電

Copyright© 土地活用や不動産売買で良い街づくり。土地活用・不動産講座 , 2019 All Rights Reserved.