土地活用の基本 太陽光発電

太陽光発電は早く導入した方がお得なの?売電価格と設定基準から読み解こう!

投稿日:

ゆきぽよ
太陽光発電は、早く導入した方がトクなの?そうではないの?
その答えを知るためには、売電価格の設定基準を知る必要があるよ。
具体例を出しながら、紹介していこう。
達人

「10年固定」と「年々下落」の意味

2009年からスタートした、余剰電力の買取。

これは当初、1kW48円でスタートしました。
1日の発電量が大体9kW(愛知県/3kW/9月の場合)だとして、もし全てを売れば(実際は「余剰」分ですが)432円になりました。

しかし2012年には、1kWの買取価格は42円にまで値下がりしました。(2011年4月改定)

これだと378円。毎日54円の差額が出て、30日で1,620円、年間でみれば19,440円の差が出てしまいます。

しかし、ちょっと気をつけてほしいのが、「10年間は、当初の買取金額が適用される」ということ!

まったく同じ条件であっても、2011年3月までに導入した人と2011年4月以降に導入した人では、金額的に差がでるのです。
2011年3月に太陽光を導入したのなら、2021年の3月までは48円で買取してもらえます。
しかし2011年4月以降に導入した人は、2021年の4月まで42円の売電価格から動きません。

どちらが得なのか?

売電価格の設定基準は、年々引き下げられる方向に向かって動いています。

達人
つまり、早めに太陽光発電を入れたほうが得なんだよ。

しかし同時に、太陽光発電の技術進歩は日進月歩。
10年前と比べて技術は格段にあがり、ロスが少なくなりました。
技術の進歩が上回るか、売電価格の設定基準の見直しを重要視するべきか、その判断は非常に難しいです。

結局、「入れたい時が入れ時」になるのかも知れませんね。

不動産(戸建て・マンション・土地等)の価格を60秒で知る方法。しかも簡単・無料なので気軽に使えます。

その不動産、「今!」が最も高く売れる時期なのを知っていましたか?

2020年のオリンピック後は、不動産価格の下落が起こることが予想されています。

実際に、売るのはともかくとして、どれくらいで売れるかをまずは確認したくありませんか?

めちゃくちゃ簡単な無料入力で、最先端AIが、不動産売却価格をしっかり査定してくれます!

そんなサービスがあります。無料不動産一括査定サービス「イエウール」です。

「イエウール」の凄いところは、【提携不動産会社が、なんと1700社で業界No.1】

これまでの利用者実績に基づいた過去のビッグデータから、あなたの不動産価格も簡単算出可能なわけです。

↓こんな感じで、おおよその入力で良いので、1分もあれば終わります。(早・・・。)↓

一括査定サイトで、提携不動産会社が少ないと何が問題なの?

町の不動産会社1社に、売却査定をすることは危険です。
必ず複数社に査定依頼をしないと、本当の相場は分かりません。

イエウールは、いわゆるその複数社への査定依頼を、一括で行える、一括査定サイトです。

つまり、一括査定サイトの提携不動産会社が少なければ、査定依頼する不動産会社が少なくなってしまうということです。
しかし、多ければ、多くの不動産会社からより高く売ってくれる不動産会社を選ぶことができるということになります。

さらに、提携不動産会社が多いから、大手不動産会社だけでなく、地元密着の不動産会社にも査定依頼をすることができます。
不動産会社は、大手だからといって不動産査定金額が高くなるということではありません。
地元密着に不動産会社だからこそ地域の不動産価格を熟知しています。
だからこそ、幅広く査定依頼ができる「イエウール」がオススメな理由です。

そんな「イエウール」ですが、ココもおすすめポイントです。

  • 不動産会社の担当者を厳しく審査!
    「イエウール」は、不動産会社の担当者1人1人を厳しく審査しているので、交渉力のある担当者に査定を依頼することができます。
    【審査項目】
    ・業界経験年数5年以上
    ・宅建士の資格保持
    ・レビューをもとにイエウール独自のロジックで「交渉力」を評価
  • 不動産査定依頼数も業界No.1
    不動産査定数依頼が業界No.1(2018年7月時点)で、多くの方に利用されているサービスということになります。
  • チャット風の査定依頼でとっても簡単!

最初に、売却したい物件種別を選んで、、、

あとは、所在地などの入力でナビゲートに従うだけ!

不動産一括査定サービスで、不動産会社の担当者まで審査をしているのは「イエウール」だけでした。

「不動産を高く売りたい」なら、利用しても良いかもしれませんよ!

-土地活用の基本, 太陽光発電

Copyright© 土地活用や不動産売買で良い街づくり。土地活用・不動産講座 , 2019 All Rights Reserved.